業務用食材こんなに便利!

業務用食品スーパーの魅力

業務用食品スーパーの魅力 業務用食品と言えば基本的に冷凍食品ばかり、量が多い、料金が安いなどのイメージがあると思います。
料金が安いこともあって本当に大丈夫なのかと疑う人もいますが、業務用食品スーパには様々な魅力があります。
まずはその安さです。
一般的なスーパーと違い1つあたりの量を多くすることで多量に販売できることから、料金を安価に設定することができます。
そんなにたくさん食べられないと思う方もいますが、業務用スーパーで取り扱うものの多くは冷凍食品でありますから長期保存も可能であるためその心配もあまりありません。
また、冷凍食品であるという事が大きな魅力の1つであります。
安価なものなので衛生上本当に大丈夫なのかと疑う人もいますが、‐10度以下では菌が繁殖することはありません。
加工段階でも衛生管理はしっかりしていますので、冷凍である分一般的なものよりも衛生度は高いというメリットも存在します。
他にも、加工処理されているのでゴミなどもがあまり出ない、自分で処理する手間が省けるなど様々な魅力が業務用食品には存在します。

業務用食品スーパーは一体どこにある?

業務用食品スーパーとは一体なにかというと、一般食品を扱っている普通のスーパーに対し、業務用食品を中心に、もしくはそれのみを商品として商っているスーパーのことで、元々は、飲食店などの玄人筋を対象としていましたが、昨今では流通の多様性などもあり、一般消費者をも客として取り込み、或いは一般客を主たる客として想定して店舗展開しているお店が増えてきました。
これら業務用食品スーパーの特徴は、倉庫をそのまま利用するなど、運営コストを徹底的に抑えていること、基本的に販売単位が大きいこと、また、包装などについても簡略化してその分価格を抑えていることなどが挙げられますが、いずれにしろ一般のスーパーと比べて客単価は高く、一度の来店で大量に購入していくという、アメリカンスタイルが基本と言えます。
そういった理由から業務用食品スーパーというのは車での来店を前提に立地していることが多く、当然のことながら、都心部などよりも郊外で店舗面積だけでなく広大な駐車場を用意出来るような場所が選ばれる傾向にあります。